サッカー

揃いも揃って不安を抱えている日本代表・ビッグ3・・・本田、岡崎、香川はロシアで何ができるのか?

投稿日:

▽おすすめ記事▽

1: 2018/05/16(水) 07:11:41.39 ID:CAP_USER9
■連載/元川悦子「ロシア戦記」

2018年ロシアワールドカップ予備登録メンバーの提出期限だった14日、日本代表の西野朗監督は35人を決め、国際サッカー連盟(FIFA)に提出した。

そのリストは非公開となっているが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督時代から軸を担っていた長谷部誠(フランクフルト)や吉田麻也(サウサンプトン)らに加え、
当落選上と言われてきた本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)の「ビッグ3」も名を連ねた模様だ。

18日には、30日のガーナ戦(横浜)に挑む30人弱が発表され、31日には最終登録メンバー23人が決定する運びとなっている。

が、「ビッグ3」の動向に人一倍、気を配ってきた新指揮官が彼らを外すはずがない。
もちろんコンディション次第ではあるものの、かつての3枚看板を本大会の軸に据えたいという思いは依然として強いようだ。

その3人の現状を改めて見てみると、まず本田は4月29日のアトラス戦で今季メキシコ・リーガMXが終了。5月3日に早々と帰国した。
その後は関東近郊で調整を行い、13日は東京ヴェルディの練習にも参加していたが、12・13日の週末まで公式戦を消化していた他の欧州組に比べると、実戦から遠ざかるのは否めない事実。
負荷の高いトレーニングをこなせていないこともあり、メキシコでのリーグ終盤戦のパフォーマンスをどこまで維持できているか分からない。

一方の香川は、2月10日のドイツ・ブンデスリーガ1部・ハンブルガーSV戦で左足を負傷して以来、3か月間も実戦から遠ざかる羽目になった。
12日の最終節・ホッフェンハイム戦では後半29分からピッチに立ち、復帰を果たしたものの、この16分間のプレーだけではどんな状態かは判断しかねる部分があった。
14日に帰国した際、本人は「みなさんが思っている以上に、ケガの方は問題はないので、そこだけは強調しておきたい」と報道陣に語ったというから、
負傷自体は癒えているのだろうが、本田以上に実戦感覚は不足しているはず。そこは大きな懸念材料だ。

岡崎にしても似たような状況で、2月初旬に右ひざを負傷し、2月10日のマンチェスター・シティ戦から公式戦4試合を欠場。3月にいったんは復帰したものの、
4月に再びひざを痛めて、4月19日のサウサンプトン戦からのプレミアリーグラスト5試合を回避する羽目になった。ピッチに立てないままシーズンを終えたことは本人にとってもダメージは少なくないはず。
「ロシアまであと1カ月あるから問題ない」と考えているのだろうが、シナリオ通りに行くかどうかは、今のところ未知数というしかない。

DIME 5/16(水) 6:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180516-00010002-dime-spo

no title

◆揃いも揃って不安を抱えている「ビッグ3」 

「ビッグ3」が揃いも揃って不安を抱えているのは、新生・西野ジャパンにとっても頭の痛い点。そんな彼らが今、まずやるべきなのは、コンディションを引き上げること。それに尽きる。 

5月21日から関東近郊でスタートする直前合宿ではかなり追い込んでいくべきだ。 
ハリル時代も5~6月にかけて海外組合宿が行われるのが通例で、選手たちは猛烈な走りを課されていたが、そのくらいの負荷を3人はかけなければロシアで走り抜くことはできない。 

とりわけ、泥臭く前からボールを負うのを信条とする岡崎は走力を取り戻すことが第一歩。西野監督は長谷部を最終ラインに下げる3バック採用も視野に入れているというから、 
その場合の最前線は1トップ2シャドウか、2トップにトップ下という構成になる。2トップであれば、レスターで普段からジェイミー・ヴァーディーとコンビを組んでいる岡崎にはやりやすい形。 

そのパートナーが大迫勇也(ケルン)になるのか、他の選択肢になるのかは分からないが、岡崎のハードワークというのはチーム活性化の一助になる。そこは期待していいだろう。 
4年前のブラジルワールドカップでも追い詰められたコロンビア戦(クイアバ)で岡崎が泥臭く決めたゴールは数少ない希望の光となった。そういう姿勢は仮にピッチに立たないとしても今の日本代表には必要かもしれない。 

本田にしても、過去2回のワールドカップ初戦でゴールを挙げている勝負強さがウリだ。最近の日本代表では2016年9月の最終予選初戦・UAE戦(埼玉)以来、1年半以上も得点から遠ざかっていて、その神通力は失われつつあるものの、今季メキシコリーグ後半戦ではゴール前の決定力や迫力を取り戻しつつある印象だった。 

本人も標高2400mの高地で自身を追い込むことで、ハリル流のタテに速いスタイルに適応する力を養ってきた。指揮官が変わっても、これまでやってきた蓄積は有効なはず。むしろ前向きに生かしていくべきだ。 

実際、スプリントというのは現代サッカーにおいてアタッカーに必要不可欠な要素。西野体制に移行して、多少なりとも負担が軽減されたとしても、走りの部分から逃げるわけにはいかない。 

14日に放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」では「ハリルのやるサッカーに全てを服従して(ロシアに)選ばれて行くのが、僕は恥ずかしい」とまで発言していた本田だが、ハリルに指摘された自身の弱点を直視し、それをもともとのスタイルに融合させることが短期間でできれば、集大成となる3度目のワールドカップでは納得いく結果が出せるかもしれない。 
ポジションはトップ下、あるいは8年前の2010年南アフリカ大会と同じ最前線というのも考えられるが、どちらにしても彼に求められるのはゴールという結果しかない。 

香川に関しては、コンディションに加え、メンタル面も懸念されるところ。2011年アジアカップ(カタール)でエースナンバー10を背負った時に掲げた 
「点の取れる新たな10番像を作りたい」という高い目標設定が目に見えない重圧になっているのか、代表ではなかなか思うような結果を出せていないのが実情だ。 
今回の最終予選でもゴールを奪ったのは2017年3月のタイ戦(埼玉)での1点だけ。「自分がやらなければいけない」という強い意思は伺えるものの、どこか空回りし続けている印象が否めない。 

ポジションに関しても、基本的にトップ下専任であるため、起用方法が限られる。原口元気(デュッセルドルフ)のようなタイプであれば、左右のサイドにトップ下、 
場合によってはボランチやトップまでこなせるため、23人の枠には入れやすい。西野監督が寵愛するガンバ大阪時代の教え子・宇佐美貴史(デュッセルドルフ)にしても多彩な役割を担えることから、ロシアではトップ下での起用も視野に入れているという。 

彼らに加え、本田、清武弘嗣(C大阪)、森岡亮太(アンデルレヒト)、柴崎岳(ヘタフェ)とトップ下のライバルは少なくない。「絶対に香川が必要」だと指揮官が考えるだけの説得力を示すことが、今の彼には求められる。 

そのうえで、自分にできる仕事を現実的に見極め、ゴールならゴール、お膳立てならお膳立て、守備なら守備と割り切って、多くを欲張らずにやっていくことだ。何をすべきか迷っていたら、4年前のブラジルワールドカップと同じ轍を踏む可能性が高い。「今、苦しんでいることをロシアにつなげないと意味がない」と本人も言い続けてきた通り、回り道してきた経験をロシアに生かすことに集中してもらいたい。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526422301


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
揃いも揃って不安を抱えている日本代表・ビッグ3・・・本田、岡崎、香川はロシアで何ができるのか?

-サッカー

Copyright© Sports News Lab , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.