野球

中田翔「最初に子供1人にお願いされて撮ったんよ。1人と撮ったからみんなともすべきやろ」

投稿日:

bandicam 2018-05-16 16-51-06-219

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1526011420/

1: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 13:03:40.77 ID:DiGMBa1N0
 ふと目をやると、選手の一団の辺りに小さな人だかりができていた。その中心に、中田翔選手がいた。
北海道へと向かう便だったため、その日の試合を観戦したと思われるファイターズのユニホームを着用したファンの方々、また居合わせた一般客とおぼしき人たちが、ざわざわとしている。
 入れ替わり立ち替わり、中田選手の元へと向かう。スマートフォンを差し出し、写真撮影のお願いをしていたのだ。

写真のリクエストに応え続けた中田。広報である私の職務としては、選手に負担、また周囲に迷惑が掛かる状況であれば
「ここでは応じることはできません。ご理解ください」などと、その場を整理することもあるケースである。自然と事態が収拾するかどうかも含め、しばし観察していた。

 老若男女、世代を問わずに写真をリクエストしていた。1人、また1グループずつ応じていた。身長183cmの中田選手は時に膝を軽く折り、相手の目線に合わせていた。
リクエストしてきた方が目いっぱい手を伸ばしての自撮りでの2ショットの求めにも、笑顔でフレームに収まっていた。内容は聞き取れないが、軽く会話もかわしていた。

 敗戦していただけに、勝利の後よりも気乗りするはずはないシチュエーションだった。試合の緊迫感、重圧からも解放されるひとときだったはずである。
中田選手は、笑顔を絶やすことなくお願いをされた全員に応えていたのである。微笑ましい一コマ。広報ではあるが、その場を整理、制限することは控えた。

 近寄りがたいキャラクターでもある中田選手。

 その中には勇気を振り絞って歩み寄った方々も、きっといただろう。中田選手の心意気も含め、見て見ぬふりをすべきケース。その時の適切な「広報判断」だと考えた。
 後日、聞いた。なぜ、丹念にその求めに応じたのか――。中田選手の返答は、明快だった。

 「最初に子供が1人でおって、その子にお願いされて撮ったんよ。1人と撮ったからみんなともすべきやろ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180511-00830738-number-base&p=2

2: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 13:04:24.07 ID:zseMyKz/0
かっこよすぎ

3: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 13:04:42.02 ID:W+GdXaqp0
でもショッピングカートに乗ってオラついてたやん

4: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 13:05:21.28 ID:YR4cLBQba
>>3
インスタ映えを意識しただけだぞ


続きを読む

Source: なんJ PRIDE
中田翔「最初に子供1人にお願いされて撮ったんよ。1人と撮ったからみんなともすべきやろ」

-野球

Copyright© Sports News Lab , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.