サッカー

【 日本代表どこよりも早い採点!】パラグアイ戦、最高点は乾と香川真司の「7」!

投稿日:


▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/12(火) 23:56:16.71 ID:CAP_USER9
6月12日、日本対パラグアイの一戦が行われ4-2で逆転勝利。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

香川、日本代表として最高の出来

no title

【日本 4-2 パラグアイ 国際親善試合】

東口順昭 5.5
失点はノーチャンス。その後も落ち着いており、判断のいい飛び出しもあった

植田直通 6
一つひとつのプレーを集中して行った。しっかり準備して相手に対応できていた

昌子源 6
高さの勝負では分が悪かった。同点ゴールの起点になった

遠藤航 5
的確なポジショニングでボールを回収したが、攻撃での貢献は限定的

酒井高徳 6
スイス戦に続いてスタメン出場。一列前の乾をサポートした

柴崎岳 6.5
前線の動き出しに合わせて鋭い縦パスを送る。高い位置で潰すプレーも見せた。セットプレーも○

香川真司 7
ボールを持っている時も持っていない時もプレーが前選択。攻撃を加速させた。待望のゴールも

乾貴士 7
時間の経過とともに持ち味が生き、西野ジャパン初ゴールを含む2得点

山口蛍 5.5
目を覆うようなパスミスも減り、出足の鋭いアプローチも見せた

岡崎慎司 6
無闇に追わずに味方の立ち位置を確認しながら的確にコースを限定した

武藤嘉紀 6
相手の当たりを吸収でき、状態の良さを感じさせた。ゴールへの意識は強いが、周りも見えていた

中村航輔 5
終了間際に失点を喫した。味方がブラインドになったか

酒井宏樹 5
投入直後に痛めてヒヤリとさせられたが、戦い抜いた。ただ、自陣での判断が悪いシーンも

大迫勇也 5
後半途中から出場。積極的にゴールを狙ったが不発

原口元気 5.5
タイミングよく抜け出しチャンスを演出。得点にはならなかったが香川にプレゼントパス

宇佐美貴史 5
短い時間だったが、守備面で乾との差を露呈

西野朗監督 6
スイス戦から先発10人を入れ替えた。世界に挑むにはこの戦い方しかない、というパフォーマンスをイレブンが披露

フットボールチャンネル6/12(火) 23:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00274056-footballc-socc

3: 2018/06/12(火) 23:56:32.92 ID:DMTEoTlS0
Bチームで見違えるほど動きよくなったってことは
問題は本田だけじゃなかったんだな
長友も吉田も長谷部もとっくにオワコンだったのか
大島はあっち側について貧乏くじ引いたな

7: 2018/06/12(火) 23:57:23.92 ID:iCf7EfQn0
>>3
日本の問題は「ハリル」だったんだよ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528815376


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
【 日本代表どこよりも早い採点!】パラグアイ戦、最高点は乾と香川真司の「7」!

-サッカー

Copyright© Sports News Lab , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.