サッカー

ロシアW杯決勝乱入の反体制派、毒を盛られ重症か・・・視力失い言葉話せず

投稿日:

サッカー_01

▽おすすめ記事▽

1: 2018/09/13(木) 13:19:07.04 ID:CAP_USER9
ロシアワールドカップ決勝のフランス対クロアチアの試合でピッチに乱入したロシアの反政権の活動団体「プッシー・ライオット」のメンバーが毒を盛られた。12日に英メディア『meduza』が報じている。

試合中、偽の警官制服を着た男女4人がピッチに乱入。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が観戦する目の前で、政治犯の
釈放などをロシア政府に求めるため実行に及んだ。ただ、その代償は大きかったようだ。

同メディアによると、現地時間9月11日にロシアの反政権の活動団体「プッシー・ライオット」のメンバーが病院に運ばれて来たとのこと。
かなりの重症で、視力を失い体も動かせず言葉も話せない状態のようだ。毒を盛られた可能性があると同メディアは報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289302-footballc-socc

2: 2018/09/13(木) 13:19:30.93 ID:ruygPd6J0
おそロシア


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1536812347


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
ロシアW杯決勝乱入の反体制派、毒を盛られ重症か・・・視力失い言葉話せず

-サッカー

Copyright© Sports News Lab , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.