サッカー

マンU・モウリーニョ監督のイングランドでの暮らしっぷり・・・

投稿日:

サッカー_02


▽おすすめ記事▽

1: 2018/10/10(水) 12:29:59.65 ID:CAP_USER9
ジョゼ・モウリーニョは2016年7月6日にマンチェスターにやって来て以降、ずっとホテル暮らしを続けている。 その日数は825日にも及び、ザ・ローリーホテルに住んで3シーズンが経つ。 2020年までクラブと契約を持つにも関わらず、モウリーニョは同ホテルからの引越しは考えていない。

『Daily Mail』によると、モウリーニョは1泊600ポンド(約9万円)の部屋Suite Riversideに居住している。それはこのポルトガル人監督がホテル暮らしを続けた3年間で約50万ポンド(約7,500万円)を費やした事を意味する。

モウリーニョが居住するスイートルームの窓からは美しい川の景色が見え、柔らかいソファのセレクションを備えている他、リビングと別に小さなキッチンも備えたダイニングルームもあるという。 同ホテルはその部屋についてプライベートアパートにいるような感覚で滞在する事ができると説明している。

モウリーニョは数ヶ月前に自身のホテル滞在をこのように誇っていた。
「毎日、私を追っているパパラッチを持つ事はホテルや私のスポンサーになっている服のブランドにとってファンタスティックな事だ」

従って、もしモウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを離れる事になったとしても、彼は家を売る事を心配する必要はない。

10/10(水) 12:14配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00010005-sportes-socc

5: 2018/10/10(水) 12:31:40.25 ID:TJH3Yter0
モウリーニョの金じゃなくクラブが全て負担してるんだけどな

54: 2018/10/10(水) 12:53:25.02 ID:o149sT460
>>5
え?給料に含まれてないの?
監督用のメイド付き豪邸建てて代々監督に使ってもらった方が安上がりなんじゃ?


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539142199


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
マンU・モウリーニョ監督のイングランドでの暮らしっぷり・・・

-サッカー

Copyright© Sports News Lab , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.